若はげTOP > 原因 > その他

他にも髪や頭皮によくないことが原因の場合も

若ハゲのその他の要因

若はげの原因のほとんどはAGAと遺伝的要因によるものですが、その他にも、髪や頭皮によくない行動や習慣が薄毛を引き起こしている場合もあります。

特に現代人は生活習慣が乱れているケースが非常に多く、知らないうちに髪や頭皮のダメージが蓄積してしまっている人は決して少なくありません。

むしろ、「若はげの原因はAGAや遺伝だけ」と決めつけていると、いつまで経ってもハゲが回復しないおそれがあるので、まずは自分の生活習慣やライフスタイルを振り返り、髪に良くない要素がないかどうかチェックしてみましょう。

  • 髪や頭皮によくないこと(※)
  • 原因が重なるとリスクもアップ
  • 髪や頭皮によくないこと

    ここでは、日常生活の中でやってしまいがちな、髪や頭皮によくないことをまとめてみました。

    皮脂

    皮脂そのものは決して悪いものではなく、頭皮の乾燥を防いだり、雑菌や異物などから肌を守る大事な役割を担っています。

    しかし、皮脂の分泌量が多すぎると、行き場を失った皮脂が毛穴にたまり始め、毛穴つまりが発生。

    そのまま放っておくと徐々に頭皮環境が悪化し、若はげや薄毛の原因となります。

    生活習慣

    忙しすぎる現代人は若はげになりやすい生活を送っている可能性が高く、薄毛を予防するには生活習慣を一から見直す必要があります。

    たとえば偏った食生活を送っていたり、毎晩夜更かしをしていたり、喫煙の習慣がある場合は、血行不良や栄養不足になりやすく、毛根のはたらきも弱まっている可能性があります。

    さらにストレスなどの要因が加わると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、ますます頭皮環境が悪化してしまうので注意が必要です。

    ヘアケア

    髪や頭皮のお手入れをすることを「ヘアケア」と言いますが、実はケア方法や使用するアイテムが誤っていると、かえって若はげを悪化させてしまう原因になります。

    特に敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質の方は、刺激の強いヘアケアアイテムを使用すると頭皮にかゆみやかぶれ、湿疹などさまざまなトラブルが発生することがあるので、ヘアケアには十分注意する必要があります。

  • 髪や頭皮によくないこと
  • 原因が重なるとリスクもアップ(※)
  • 原因が重なるとリスクもアップ

    皮脂の過剰分泌や生活習慣の乱れ、誤ったヘアケアなどの要素は、それ単体だけでは影響力が小さいため、若はげの直接的な原因にはなりません。

    しかし、これらの要素が複数重なると、それだけ薄毛のリスクもアップし、若はげになりやすい状態に陥ってしまいます。

    特に遺伝的に若はげになりやすい方は、他の要素が加わることで症状の進行が早まるおそれがあるので、早めの予防・対策を心がけるようにしましょう。