若はげTOP > 原因 > AGA

AGAについてしっかり理解しよう!

AGA

若はげの原因は数多く存在しますが、中でも特に大きな割合を占めているのがAGAです。

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本では「男性型脱毛症」と呼ばれている薄毛症状のことです。

典型的な症状として、

  • 頭頂部を中心に丸くハゲていくOはげ
  • 生え際が後退し、逆U字型になるUはげ
  • そり込み部分が深くなっていくMはげ

の3タイプがありますが、いずれも原因は同じで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。

なお、「男性型」というのは「男性しか発症しない」という意味ではなく、男性ホルモンが主な原因であることに由来しており、女性でもAGAにかかることがあります。

  • AGAのしくみ(※)
  • AGAの原因
  • AGAを治す方法
  • AGAのしくみ

    AGAになると、以下2つの要素によって若はげの症状が進行していきます。

    男性ホルモンの影響

    男性ホルモンAGAの最大リスクとして知られるのが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

    DHTとは、還元酵素「5α-リダクターゼ」が、男性ホルモン「テストステロン」にはたらきかけることによって発生する強力な男性ホルモンのこと。

    発生したDHTが毛根の中央部にある毛乳頭の受容体に結合すると、毛母細胞の活動が大幅に低下してしまいます。

    毛母細胞は分裂・増殖によって髪を作るはたらきを行っているので、活動が低下すると丈夫な髪が生えてこなくなり、抜け毛が増加してしまいます。

    ヘアサイクルの乱れ

    ヘアサイクル髪は成長期、退行期、休止期という3つの周期を繰り返しながら成長を続けています。

    通常は成長期が最も長く一般男性で3~5年の間、髪が成長を続けます。成長期の間であれば、途中で髪が抜けてもすぐにまた新しい毛が生えてくるのですが、AGAになるとヘアサイクルが狂ってしまい、成長期が短縮されてしまいます。

    髪が成長をはじめてから、短い期間で抜けてしまいますので、弱々しい産毛のような頭髪の割合が増えていきます

  • AGAのしくみ
  • AGAの原因(※)
  • AGAを治す方法
  • AGAの原因

    では、DHTの増加や、ヘアサイクルの乱れはどのような原因で起こってしまうのでしょうか。

    遺伝・体質

    遺伝・体質AGAの主原因であるDHTは、男性ホルモン(テストステロン)と5α-リダクターゼが結合することによって発生します。

    このうち、テストステロンの値にはあまり個人差はありませんが、5α-リダクターゼの量や、アンドロゲンレセプターの感受性(どれだけ男性ホルモンの影響を受けやすいか)は、遺伝や体質によって大きく左右されます。

    そのため、遺伝的に男性ホルモンの影響を受けやすい人はAGAになる可能性が高く、「薄毛は遺伝」と言われる大きな理由となっています。

    ただし、親や祖父が禿げていても、子供が必ず若ハゲになるわけではありません。ハゲやすい体質が遺伝しますので、適切ねAGA対策で進行をストップすることができます。

  • AGAのしくみ
  • AGAの原因
  • AGAを治す方法(※)
  • AGAを治す方法

    AGAは一度発症すると、生活習慣の改善では治すことができません。

    AGAの原因である「DHT」の生成を抑制して、ヘアサイクルを正常な状態にもどすことが唯一の解決策になります。

    AGA治療

    AGA治療AGA対策の中で一番有名な方法がAGA治療です。

    主に、AGA治療薬を服用することで、5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの生成量を減らします。

    AGA治療薬の主成分は、大きく分けると、

    • フィナステリド
    • デュタステリド
    • ミノキシジル

    の3種類です。

    フィナステリドは、「プロペシア」や、ジェネリック医薬品の「ファイザー」や「フィンペシア」。

    デュタステリドは「ザガーロ」「アボルブ」、そしてアボルブのジェネリック「デュタプロス」「デュプロスト」。

    ミノキシジルは、「ミノキシジルタブレット」や、「ミノキシジルの塗布薬」や、ミノキシジル配合の育毛剤「ロゲイン」が有名です。

    AGA治療薬の入手方法は?

    AGA治療薬は、AGAと診断されれば誰でも処方してもらえます。

    総合病院や皮膚科、AGAクリニックの処方がメジャーです。