若はげTOP > 原因 > 遺伝的要因

遺伝的要因

遺伝的要因

「薄毛は遺伝」とよく言われますが、

正確には「ハゲが遺伝する」は間違いで、「ハゲやすい体質が遺伝する」が正解です。

加齢による衰えとは関係のない若はげの場合、生まれつき「若はげになりやすい体質」が遺伝している可能性がありますが、親が禿げていても、その子供が必ず禿げるわけではなく、そもそも体質すら遺伝しているかどうかもわかりません。

ただ、若ハゲは老化現象ではありませんので、遺伝的な要素があったとしても、適切なケアを行えば薄毛症状を食い止めることは可能です。直系の家族に若はげ体質の人がいたら、早めに予防・対策を始めることが大切です。

  • 遺伝的要因との関係(※)
  • 遺伝のせいとは限らない
  • 遺伝を調べる方法
  • 遺伝的要因と若はげの関係

    では、どんな遺伝的要因を受け継いでいると、若はげになりやすいのでしょうか?

    若はげの症状のほとんどはAGA(男性型脱毛症)で占められていますが、このAGAの最大リスクとされているのが男性ホルモン「DHT」です。

    DHTは男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5α-リダクターゼ」のはたらきによって変化したもので、毛母細胞の機能を妨げる作用を持っています。

    つまり、抜け毛の根本原因はテストステロンと5α-リダクターゼにあると言えますが、このうち5α-リダクターゼの量には個人差があり、さらに5α-リダクターゼがどれだけテストステロンの影響を受けやすいかの「感受性」にも個人差がありますので、人によってDHTの生産量が大きく異なります。

    遺伝的に5α-リダクターゼの感受性が高かったり、量が多い体質の人は、それだけDHTのリスクが高い傾向にあり、早い場合は20代から薄毛の症状が見られるようになります。

  • 遺伝的要因と若はげの関係
  • すべてが遺伝のせいとは限らない(※)
  • 遺伝を調べる方法
  • すべてが遺伝のせいとは限らない

    父や祖父が薄毛体質だった場合、子や孫が若はげになる確率は高いと言えますが、だからと言って100%遺伝のせいとは限りません。

    確かに遺伝の影響は大きいものがありますが、早めに対策を行っておけば、若はげの症状を食い止めることができます。

    逆に「遺伝だから・・・」と諦めてそのまま放置していると、若はげがどんどん進行し、再び元の状態に戻すのは困難になってしまうので、根気よくケアをし続けることが大切です。

    特に以下の項目に当てはまる方は要注意。遺伝的要因と合わさってさらに若はげの進行を早める原因となるので、早急な改善を心がけましょう。

    冷え性である

    冷え性の方は全身の血行が悪くなっているので、毛根にも栄養が行き渡りにくい状態になっています。

    毛根に十分な栄養が補給されないと、細毛や抜け毛、枝毛などの原因となり、若はげの症状が進行する要因となります。

    慢性的にストレスを感じている

    知らないうちにストレスをためこんでいると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、自律神経に狂いが生じます。

    自律神経が乱れるとホルモンバランスにも悪影響を及ぼし、ますますDHTが生産されやすい体質になってしまいます。

    喫煙の習慣がある

    たばこは健康を害する嗜好品として知られていますが、近年の研究により、なんとAGAの発症リスクにも関与している可能性が出てきました。

    実際、ハーバード大学公衆衛生学部が1241人の被験者を対象に調査を行ったところ、喫煙の習慣がある人は、非喫煙者よりもDHTの値が13%高かったというデータが報告されています。

    若はげ体質の人はもともとDHTを生み出しやすい性質を持っていますが、さらに喫煙している場合、そのリスクはより高くなると言えます。

    遺伝しているかどうか調べる方法

    自分が親の遺伝を受け継いでいるかどうか?AGAになる体質かどうか?を調べる方法が一つだけあります。

    遺伝子検査

    AGAクリニックで受けることができる遺伝子検査です。

    遺伝子の検査で、AGAかどうかが分かります。将来ハゲるかハゲないかが分かるのはとても大きなメリットです。上手に活用すれば早い段階で対策に取り組むことができます。