若はげTOP > 若はげの原因

若はげの原因

若ハゲの原因

若はげの原因はひとつではなく、人によってはいくつかのリスクが重なって症状が進行しているケースもあります。

若はげの治療法は原因によって大きく異なるので、ハゲの症状が現れたら、まずはその原因を突き止め、適切なケアを行うよう心がけましょう。

若はげの主な原因とその特徴を紹介します。

AGA

AGA

若はげに悩む人の大半を占める典型的な薄毛症状のひとつです。

男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが大きく乱れてしまうのが主な原因で、髪が十分に育たず、どんどん抜け落ちてしまうところが大きな特徴です。

症状は人それぞれですが、典型的なタイプとしては、頭頂部を中心にハゲるOはげと、生え際全体が後退するUはげ、そり込み部分から薄くなっていくMはげの3種類が挙げられます。

  • AGA
  • 遺伝的要因(※)
  • その他の要因
  • 遺伝的要因

    遺伝イメージ

    親や祖父母が若はげ体質の場合、その子や孫にも同じ体質が受け継がれている可能性があります。

    遺伝によって若はげになる可能性はさほど高くありませんが、体質によるものなので根本的な治療は難しいというのが現状です。

    ただ、生活習慣などを見直すことで、若はげになりやすい体質の方でも薄毛症状の進行を食い止めることができます。

  • AGA
  • 遺伝的要因
  • その他の要因(※)
  • その他の要因

    洗髪する男性

    若はげの原因はAGAと遺伝的要因のほかにも、日常生活の何気ないところにひそんでいます。

    ○皮脂

    余分な皮脂が毛穴につまり、薄毛を引き起こしてしまうことがあります。

    特にAGA患者の場合、皮脂の分泌を促すホルモン「DHT」の影響を強く受けるため、頭皮のベタつきや炎症が起こりやすい傾向にあります。

    ○生活習慣

    偏った食生活や睡眠不足、喫煙の習慣、運動不足など、生活習慣が乱れていると頭皮環境が悪化する原因となります。

    たとえば肉類や乳製品を多くとりすぎると皮脂の過剰分泌につながりますし、喫煙や運動不足は血行不良を招き、毛根に十分な栄養が行き届かなくなります。

    ひとつひとつの原因だけならあまり大きな影響は及ぼしませんが、複数の要素が重なると、それだけ若はげになる可能性が高くなるので、ライフスタイルの見直しは必須です。

    ○ヘアケア

    毎日のシャンプーは頭皮を清潔に保つために欠かせないお手入れ方法ですが、使用するシャンプーの選択を誤ったり、間違った方法で洗髪すると、かえって頭皮環境を悪化させる原因となります。

    特に皮脂の過剰分泌を起こしている方は、ベタつきを解消しようと何度もシャンプーを繰り返したり、必要以上に力を入れてごしごしこすってしまう傾向にあるので、まずは正しいヘアケア方法をチェックすることから始めましょう。