若はげTOP > 若はげの原因

若ハゲの原因
【たった1つの原因がすべての鍵を握る!?】

若ハゲの原因

若はげの原因はひとつではなく、人によってはいくつかのリスクが重なって症状が進行しているケースもあります。

しかし、若はげの原因でたった一つ、重大な原因があります。

その原因はAGA

通常なら薄毛にならない年齢にもかかわらず、薄毛になってしまうのは髪の毛のヘアサイクルが大きく乱れてしまい、髪の毛の「生える力」が「抜ける力」に負けてしまっているからなのです。

AGAは別名「男性型脱毛症」ともよばれる「遺伝」と「男性ホルモン」が関係する脱毛症で薄毛男性の原因の9割以上を占めています。

特に、若ハゲは遺伝と男性ホルモンの影響を強く受けたために、通常よりも若い年齢で薄毛が進行していますので、AGAが遅く発症する人よりもひどい状態まで薄毛が進行してしまうリスクがとても高いです。

AGA(男性型脱毛症)

AGA

若はげに悩む男性は、ほぼ間違いなくAGAの発症が原因です。

AGAは、男性ホルモン(テストステロン)と頭皮に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ」によって生み出される「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって、ヘアサイクルが大きく乱れてしまう脱毛症。

生み出された「DHT」によって、髪が充分に育たず、成長する過程でどんどん抜け落ちてしまいます。そのため、やがては産毛のような細くて短い頭髪が目立ち始め、薄く見えてしまいます。

症状の進行は人それぞれ違いがあり

  • 頭頂部を中心にハゲる「O字はげ
  • 生え際全体が後退する「U字はげ
  • そり込み部分から薄くなっていく「M字はげ

の3種類がAGAの典型的な症状です。

AGAになると・・

AGAが発症すると、具体的にどうなるのか解説します。

1.抜け毛が増える

AGAが発症しても、すぐに若ハゲになるわけではありません。

ヘアサイクルが乱れることによって、通常なら抜けないはずの「伸びている最中の毛」が抜けてしまうようになり、その数が徐々に増えていきます。

髪の毛の量は多い人で10万本。そのうち1日に抜ける量は50~100本とされていますが、AGAになると、成長途中の毛が抜けてしまう分だけ抜毛が増えますので、1日に100~150本、多い人では200本近くの抜け毛が続いてしまうことがあります。

2.軟毛が多くなる

少しくらい抜け毛が増えても、若い年齢の毛根は髪の毛を生やすための力が強く、そうそう薄毛になりません。

しかし、髪の毛の本数は変わらないとしても、AGAによって「抜けて生えて」を繰り返した毛髪は細く弱々しい状態から成長できなくなってしまいます。

全体の毛髪の中に、弱々しい「軟毛」が増えてしまうと、頭皮が透けて見えるようになります。

3.どんどん広がる

軟毛が増えて頭皮が透け始めると、次はその範囲がどんどん広がっていきます。

つむじから薄くなった場合は、どんどん円形状に面積が拡大して最後には頭頂部のほとんどが軟毛化します。

4.つむじ、生え際のほとんどが産毛になる

AGAの進行には個人差があり、つむじ、生え際のどちらかから進行することが多いのですが、行き着く先は同じで生え際とつむじの両方が薄くなります。

薄く見える頭皮は軟毛の割合がかなり増えているのですが、困ったことにAGAは「軟毛」で終わるわけではなく「産毛」になるまで進行し続けます。

産毛はほとんど透明に近い色ですので、毛がない状態とほとんど変わりません。

AGAを放置すると最後には生え際とつむじのほとんどの髪の毛が産毛になってしまい、いわゆる「ツルっ禿げ」の状態になります。

AGAは遺伝的要因が大きい

遺伝イメージ

親や祖父母が薄毛体質の場合、その子や孫にも同じ体質が受け継がれている可能性があります。

遺伝によって受け継がれるのは、AGAそのものではなく「AGAになりやすい遺伝子」です。

受け継ぐ遺伝子は、簡単に説明すると

  • DHTの影響を受けやすい遺伝子(アンドロゲンレセプターの感受性)
  • DHTが作られやすい遺伝子(5αリダクターゼの活性の高さ)

です。これらを色濃く受け継いでしまうと、若い年齢から薄毛が進行します。

AGAになりやすい体質は、生まれたときにどの遺伝子を受け継いでいるかで決められているため、、根本的に「禿げにくい体質」に変えるような治療はできないのが現状です。

ただし、禿げやすい遺伝子を持って生まれたからと言って、必ず若はげになるわけではありません。

AGAに有効な対策を早いうちから始めることで、薄毛症状の進行を食い止めることができます。

若ハゲの進行に関係する【その他の要因】

洗髪する男性

若はげの根本的な原因はAGAですが、若ハゲの進行に関係する原因が日常生活の何気ないところにひそんでいます。

ハゲの進行の早さに影響する原因ですので、軽視は禁物です。

生活習慣の乱れ

偏食する男性いわゆる「悪しき生活習慣」が若ハゲの進行を早める原因でもあります。

ひとつひとつの原因だけならあまり大きな影響は及ぼしませんが、複数の要素が重なると、それだけ若はげの進行が早くなる可能性が高くなるので、ライフスタイルの見直しは重要と言えます。

悪しき生活習慣には、

  • 偏った食生活
  • 睡眠不足
  • 喫煙の習慣
  • 運動不足

などがあります。これらは、

  • 頭皮環境の悪化
  • 頭皮の血行不良

を引き起こすため、髪の毛の成長を妨げる原因です。

偏った食生活

バランスの良い食事は健康の基本です。

食事から摂取する栄養が足りなくなると、健康はもちろん、髪の成長にもマイナス。

髪が成長するためにはたくさんの栄養素が必要ですので、これらが不足してしまうことによって髪は細くなってしまいます。

若ハゲに悩んでいる人は、日頃の食生活を見直して、育毛に役立つ「アミノ酸」、「亜鉛」、「ビタミン」を意識的にとるようにしましょう。

睡眠不足

寝ている時間は、「髪が成長」したり、「頭皮へのダメージを修復」する時間でもあります。

これらは、寝ている間に分泌される「成長ホルモン」の働きによって行われますので、睡眠が足りていないと、ダメージの修復や髪の成長がスムーズにできなくなってしまいます。

寝不足気味の人は、なるべく睡眠時間を多く取るように心がけましょう。リラックスした状態で眠ると、睡眠の質がよくなりますので、さらに育毛に役立ちますよ。

喫煙

たばこに含まれるニコチンには、血管を縮めてしまう作用があります。髪の毛の成長に役立つ栄養素は、血液と一緒に体中を巡って頭皮に届けられます。

血流が悪くなると、髪の毛に有効な栄養を毎日しっかり摂ったとしても、毛根に十分な栄養が行き届かなくなります。

最近は、たばこをやめてアイコスやグローなどに移行する人が多いのですが、これらはタールが含まれていないだけでニコチンは含まれていますので、結局は育毛の妨げになります。

育毛の妨げになるからといっても、すぐにやめるのは難しいと思いますので、まずは本数を減らす、ニコチンを弱いものに変えるなどから始めるのも良いと思います。

運動不足

子供の頃にくらべると、年を重ねるごとに運動量は減ってしまいますよね。

スポーツをしている人なら別ですが、大人になると何かと面倒に感じてしまい簡単な運動さえ全くしないという人も多いです。

運動すると、血流が改善されますので育毛には効果的。さらにストレスも発散できるので一石二鳥です。

激しい運動をする必要はありませんので、

  • 通学、通勤の時に自転車を使う
  • テレビを見ながら簡単なストレッチ

など、毎日の生活リズムのなかに簡単な運動を取り入れることから始めましょう。

間違ったヘアケア

シャンプーする男性毎日のシャンプーは頭皮を清潔に保つために欠かせないお手入れ方法ですが、使用するシャンプーの選択を誤ったり、間違った方法で洗髪すると、かえって頭皮環境を悪化させる原因となります。

頭皮への刺激

頭皮のベタつきを解消しようとして、

  • 洗浄力の強いシャンプーを使う
  • 必要以上に力を入れてゴシゴシこする

などをしてはいけません。頭皮環境が悪化して抜け毛・薄毛の原因になる行為です。

頻繁なパーマやカラーリング

  • パーマ
  • カラーリング
  • 整髪剤

などは、時々なら問題ありませんが頻繁にやると頭皮環境が悪化してしまう原因ですので注意しましょう。

髪を引っ張るヘアスタイル

ポニーテールにように髪を後ろで束ねて縛る髪型は、毛根への不可が大きいです。抜け毛が増えてしまいますので、

洗髪のしすぎ

頭皮を清潔に保つために洗髪は大切ですが、頭を洗いすぎるのは逆に皮脂を過剰に分泌する原因になります。

というのも皮脂は外的刺激から大切な頭を守るためにバリアとして役立っているのですが、このバリアを取り過ぎると、私たちの身体はバリアがなくなったピンチを乗り切ろうとして皮脂をたくさん分泌するのです。

よくできた身体のメカニズムがかえって皮脂過剰の原因になることもありますので注意が必要です。

余分な皮脂が毛穴に詰まると、髪の毛の成長を妨げてしまいます。他にも皮脂が過剰に分泌されると、菌が繁殖するなど、育毛に悪影響なことがたくさん。

特にAGAが原因の若ハゲは、生み出された「DHT」の作用によって、皮脂が多く分泌されやすくなるため、頭皮のベタつきや炎症が起こりやすい傾向にあります。