若はげを【本気で】治したい!今すぐやるべき対策方法をピックアップ!

若はげ

薄毛は40代以降の中高年層が抱える老化現象というイメージの人も多いと思います。

年をとって髪が薄くなるのは自然なことですが、20代から30代を中心とする若年層に見られる脱毛症が若はげです。

近年は、若い頃から薄毛に悩む人がとても増えています。近年では、10代でも薄毛に悩む人が増えています。

若ハゲはツライ症状

年相応の薄毛と大きく違うのは、周りがフサフサな中で、自分だけが薄くなっているという精神的ダメージ・・。これは体験した人でないと分からないかもしれませんが、皆に当たり前にあるべきものが自分にないのは、とてもつらく悲しいものです。

はっきり言って若ハゲはとても辛いです!

どこに行っても薄い頭を見て笑われるのではないか?オシャレしても似合わないのではないか?彼女がほしくてもハゲているからモテない・・など、思考がどんどんマイナスになり、行動にも制限がかかってしまいます。

髪の毛がフサフサな人は、「大丈夫だよ」「気にしすぎだよ」「個性だよ」など、励ましの言葉をかけてくれますが、この辛さは、本人か、同じ若はげの悩みを抱える人にしかわからないですよね。

若いほど改善しやすい!

ただ、諦めることはありません。

若ハゲの原因は、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)です。AGAは、加齢とともに進行していきますので、早い段階から対策するほど改善しやすい傾向にあります。

つまり、早い段階で適切な対策をすれば、もっと年をとってからハゲてしまう人よりも、いま若ハゲに悩んでいる皆さんの方が、髪の毛を取り戻せる可能性が高いのです。

当サイトでは、

  • 若ハゲの種類
  • 若ハゲの症状
  • 若ハゲの原因
  • 若ハゲの改善方法

について詳しく説明していますので、まずは若ハゲの種類や症状、原因などをチェックしてください。

若ハゲと戦うにはまずは敵を知ることが大切です。そのあとで若ハゲを改善する方法も詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

若ハゲの【種類】

若はげの種類

「若ハゲ」とひと言にいっても、頭のてっぺんから円形状に薄くなったり、生え際が後退したり、人によって薄毛の症状が違います。

これにはちゃんとした理由があり、それぞれ特徴があります。

O型ハゲ(後頭部・つむじ)

Oはげ左の写真のように、頭頂部(つむじ)を中心に髪の毛が薄くなる症状です。日本では、若ハゲに悩む男性の中で一番多くを占めています。

日本人にとても多い禿げ方で、円を描くように薄毛になることから、アルファベットの「O」にちなんで「O型ハゲ」と呼ばれています。

主な原因はAGAですが、他にも「頭皮環境」や「ヘアケアの間違い」、「生活習慣」など、多くの原因が関係していることも考えられます。

O型ハゲの画像

O字ハゲの男性

画像のように、後頭部と側頭部の髪の毛は残っているのに、頭頂部(つむじ周辺)だけ薄毛が進行します。生え際はほとんど薄毛が進行していなくても、つむじだけが薄くなるケースも多いです。

自分では目視できないため、薄毛の進行に気がつくのが遅れてしまうケースが多く、画像のようにかなり薄毛の範囲が広くなると、髪型でカバーできなくなってしまいます。

U字ハゲ(前頭部・生え際)

Uはげ左の写真のように、おでこの生え際が頭頂部にむかって後退していく薄毛症状です。

額がどんどん広くなり、生え際が逆のU字型になることから「U字はげ」と呼ばれます。

主な原因はAGAです。特に若い内に生え際が後退してしまうのであれば、早めにAGA対策をしなければ取り返しのつかないことになりますので、注意しなければいけません。

U字ハゲの画像

U字ハゲの男性

生え際の中心部分の薄毛が進行しています。画像のように、同じ生え際の薄毛の「Mハゲ」と同時に進行するケースが多いです。U字ハゲは、前髪のボリュームがなくなるため、髪型でカバーしても不自然に見えやすいハゲ方です。

M字ハゲ (前頭部・生え際)

Mはげ左の写真のように、生え際の端が徐々に頭頂部に向かって後退していく若はげの症状です。

生え際が均一に後退していくUはげに対し、中央部分を残したまま両サイドの生え際のみがMの形に後退していくことから「M字はげ」と呼ばれています。

M字ハゲはAGAの代表とも言われる禿げ方で、欧米人に多いのですが、日本でもM字禿げに悩む人は少なくありません。見た目は他よりもマシと言われる反面、治りにくいハゲ方としても有名です。

M字ハゲの画像

M字ハゲの男性

上の画像のように、生え際の中心の髪の毛がしっかり残っているのに、M部分だけが食い込むように薄くなるケースが多いです。

短髪の髪型は自然に見えますが、長髪でM字部分を無理に隠そうとすると、前髪のサイドがぱっくりと割れて、薄毛が強調されてしまうことがあります。

若ハゲの【症状】

若はげの症状

若ハゲの場合、一気に髪が抜け落ちていくのではなく、徐々に症状が進行していきます。
そのため、最初は本人も気がつきにくいのですが、以下のような初期症状が現れたら注意が必要です。

早期発見が若ハゲを回復する「鍵」となりますので、日頃から頭皮や抜け毛のチェックを怠らないように心がけましょう。

毛が細くなる

細い髪の毛毛周期(ヘアサイクル)の乱れにより、髪の毛が成長する前に抜けてしまいますので、薄毛部分には必然的に細い髪の毛の割合が多くなります。

1本1本が成長していない状態ですので、キューティクルも整っておらず、コシやハリも失われ、弱々しい髪の毛ばかりになってしまいます。

全体的に細毛が多くなると、量は変わらなくてもボリュームが落ちてしまいます。

さらん、薄毛が進行すると、体毛や産毛のように短い髪の毛になってしまいます。(→詳しく

抜け毛が増える

抜け毛の量人間の髪が抜け落ちるのは自然現象の一種ですが、以前に比べて明らかに抜け毛が増えたと感じた場合は要注意。

本来は抜けるべきではない毛まで抜けてしまっている可能性があります。抜け毛をチェックして、短い毛が多い場合は自然脱毛ではなく、AGAの可能性が高いです。

髪の毛の数は人によって差はありますが、およそ10万本。毛周期を2~6年と考えると、1日あたり約50~100本抜けるのが正常と言えます。(100,000÷2~6年÷365日)

抜け毛の量が増えたと感じたなら、すぐに本数や、抜け毛の状態をチェックしてみましょう。(→詳しく

ふけが多くなる

フケが多い頭皮環境が悪化すると、フケが大量発生しやすくなります。

パーマ液やカラーリング剤も頭皮に良くない成分が含まれていることがあり、頭皮環境が悪化してフケの発生を促すこともあります。

主に、「頭皮環境の悪化」が原因として考えられます。

フケが多いのは、頭皮からのメッセージですので、放置しないようにしましょう。(→詳しく

皮脂の分泌が増える

皮脂が多い頭皮ストレスが貯まるとホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、皮脂の分泌が増加してしまいます。

洗浄力の強すぎるシャンプーや、頭の洗いすぎにも要注意。皮脂を取り過ぎるとかえって皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

頭皮はもともと皮脂の分泌量が多く、顔の3倍とも言われています。しかし、バリアの役割をもつ皮脂も多すぎると逆効果。余った皮脂は「毛穴つまり」や「常在菌(マラセチア菌)の増殖」を誘発する原因となり、若ハゲの大きな原因となってしまいます。(→詳しく

若ハゲの【原因】

若はげの原因

若ハゲの原因は「AGA」であることがほとんどです。まずはAGAについてのページをご覧ください。そのほかにも遺伝や生活スタイルなども関係していますので参考にしてください。

AGA

AGA男性男性型脱毛症という代表的な薄毛症状の一種です。

DHTと呼ばれる男性ホルモンが最大リスクとされており、若ハゲを含む男性の薄毛の多くはAGAに分類されます。

特に加齢による脱毛とは違う「若ハゲ」は、ほぼ間違いなくAGAが関係しています。

つまり若ハゲを改善できるかどうかは、AGAを治せるかどうかにかかっています。(→詳しく

遺伝的要因

遺伝子親や祖父母が薄毛だった場合、ハゲになりやすい体質を遺伝として引き継いでいる可能性があります。

アンドロゲンレセプター(※)の感受性が高い人は、男性ホルモンの影響を受けやすく、逆に低い人は同じ環境下でも薄毛になりにくいと言われています。

この感受性は先天的に決められたもので、遺伝によって受け継がれます。(→詳しく

※アンドロゲンとは雄性ホルモン、男性ホルモン(テストステロン)の総称で、アンドロゲンの約95%をテストステロンが占めています。アンドロゲンレセプターはアンドロゲンの受容体のことで、分泌された男性ホルモンを受け取って体内で活用できるように変換します。

その他の要因

洗髪する男性上記の原因以外にも、皮脂による毛穴つまりや生活習慣の乱れ、間違ったヘアケアなど、さまざまな要因が重なり合うと頭皮環境が悪化し、若ハゲ進行を早める原因となります。(→詳しく

若ハゲの【改善方法】

若はげ対策・改善方法

若はげには、いろいろな改善の方法があります。

ただ、若ハゲの原因のほとんどがAGAである以上、生活の改善だけでは治すことは難しいです。

今のところ、AGA治療やAGA育毛剤、AGAに有効なサプリメントなどのチカラを借りるのが、最も改善率の高いベストな対策といえます。

生活の見直し

生活習慣生活習慣が乱れていると、栄養不足や血行不良、ホルモンバランスの乱れなどが起こり、頭皮や毛根にも悪影響を及ぼします。

そのため、まずは睡眠不足や運動不足の解消、食生活の見直しなど、乱れたライフスタイルを改善することが大切です。とても地味ですが、規則正しい生活は若ハゲだけではなく全ての基本です。

悪しき生活習慣を見直して、できることから少しずつ改善していきましょう。(→詳しく

クリニック・病院

クリニック現在は専門クリニックや病院などで、さまざまな若ハゲ治療が行われています。

治療法はクリニックや病院によって異なりますが、AGA治療薬や、AGAメソセラピーなどがあります。

自分の髪を頭皮に直接植え込む「自毛植毛」なども、医療行為ですので専門クリニックで受けることができます。

一番ポピュラーな方法は、プロペシアなどのAGA治療薬の服用です。改善率がとても高く、費用もかからないため多くの人に選ばれています。(→詳しく

育毛サロン

育毛サロン独自のヘアケアサービスを提供している育毛専用サロンのことです。

増毛や育毛コースなど多彩なサービスをラインナップしており、自分好みのヘアケア方法を選ぶことができます。

専門的なAGA治療ではなく、トータル的に薄毛を改善するためのサービスです。(→詳しく

育毛剤

育毛剤市販の育毛剤でヘアケアする方法です。頭皮環境の改善に役立つ成分が配合されており、自宅で手軽にケアできるところがメリットです。

最近では、AGAの改善に特化した成分が配合されているAGA育毛剤も増えていますので、若ハゲ対策の取りかかりとして人気を集めています。

注意すべきは、AGAにはAGA用の育毛剤以外はお金の無駄ということです。血行促進や頭皮環境正常化の育毛剤ではなく、必ずAGA用の育毛剤を選ぶようにしましょう。(→詳しく

育毛サプリメント

育毛サプリメント頭皮や体の健康を促進する成分を配合したサプリメントです。水と一緒に飲むだけなので、育毛剤よりもさらに手軽に続けることができます。

健康な体と、頭皮をつくるためのサポートとして利用されています。最近ではAGAに有効なノコギリヤシが含まれている育毛サプリメントもあり、AGA治療しながらサプリメントを飲む人も多いようです。(→詳しく

若ハゲの解消【今やるべきことは?】

やるべきこと

若ハゲを解消するために、皆さんは日々なにかしら努力をしていらっしゃると思います。

やみくもに対策しても、的を得た対策でなければ若ハゲは治りません。若ハゲを解消するためには、原因についてしっかりと理解して、正しい対策することが大切です。

若ハゲに悩んだときには、まず何をするべきか?

ここが肝心なのです。

若ハゲに悩んでいる方が、今すぐにでもやるべきことをまとめましたので、参考にしてください。

上記の3ステップで、若ハゲを解消できるかどうかが決まります。

特に、対策方法は一番大切。

ハゲたからといって、育毛シャンプーを使ったり、ドラッグストアで育毛剤を買ってきても若ハゲは進行し続けます

別ページで、今やるべきことを具体的に説明していますので、ご参照ください。

最後にアドバイス

アドバイス

若ハゲはとても辛く、悩みだすとどんどん負のスパイラルに陥ります。もちろん気にならないわけがありません。

色々なコンプレックスの中で、一番辛い症状かもしれません。

若ハゲに悩んでいる人の中には、精神が病んでしまったり、お酒に頼ってアルコール依存症になってしまったり、最悪のケースでは生きるのが辛くなって後の人生を閉ざしてしまったり・・・。このようなケースも少なくはありません。

しかし、

若ハゲは、治らない病気ではありません!

考え方を変えてモチベーションをUP

きっと治してみせる!という気持ちを維持することがとても重要です。マイナスに考える思考をちょっと変えて、

・彼女なんてできない → ハゲを治して彼女を作る!
・海やプールなんて無理 → 毛が生えたら海やプールでリア充
・帽子がないと外出できない → 髪を増やして、オシャレな髪型で出かける
・禿げてるからなにもしたくない → 改善したらやりたいことを、やりたいだけやる

マイナス思考や、やりたいことができていない今の自分を悔やむのではなく、若ハゲが改善したらこんなことをしたいという考えに変えることで、若ハゲ対策に真剣にとりくめますし、モチベーションの維持にもなり、改善する可能性がさらにアップすると思います。

当サイトは、真剣に悩んでいる皆さんのお役に立てるように有益な情報を更新していきますので、一緒に若ハゲを改善してハッピーライフを目指しましょう!