若ハゲ 治す ことができる!

若はげ

年をとって髪が薄くなるのは自然ですが、20代から30代を中心とする若年層に見られる脱毛症が若はげです。

薄毛は40代以降の中高年層が抱える老化現象の悩みというイメージがありますが、近年はストレスや生活習慣の乱れなどにより、若い頃から薄毛に悩む人がとても増えています。

若ハゲはツライ症状

年相応の薄毛と大きく違うのは、周りがフサフサな中で、自分だけが薄くなっているという精神的ダメージ・・。これは体験した人でないと分からないかもしれませんが、皆に当たり前にあるべきものが自分にないのは、とてもつらく悲しいものです。

はっきり言って若ハゲはとても辛いです!

どこに行っても頭を見て笑われるのではないか?オシャレしても似合わないのではないか?彼女がほしくてもハゲているからモテない・・など、思考がどんどんマイナスになり、行動にも制限がかかってしまいます。

髪がフサフサな人は、「大丈夫だよ」「気にしすぎだよ」「個性だよ」など、励ましの言葉をかけてくれますが、この辛さは、本人か、同じ若はげの悩みを抱える人しかわからないでよね。

若いほど改善しやすい!

ただ、諦めることはありません。

若はげの原因は、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)です。AGAは、加齢とともに進行していきますので、早い段階から対策するほど改善しやすい傾向にあります。

つまり、早い段階で適切な対策をすれば、もっと年をとってからハゲてしまう人よりも、いま若ハゲに悩んでいる皆さんの方が、髪を取り戻す可能性が高いのです。

当サイトでは、「若はげの種類」「若はげの症状」「若はげの原因」「若はげの改善方法」について詳しく説明していますので、まずは若はげの種類や症状、原因などをチェックしてください。

若はげと戦うにはまずは敵を知ることが大切なのです。そのあとで若はげを改善する方法も詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

  • 種類(※)
  • 症状
  • 原因
  • 改善方法
  • 若はげの種類

    若はげの種類

    若はげとひと言にいっても、頭のてっぺんから円形状に薄くなったり、生え際が後退したり、人によって症状はそれぞれ異なります。

    後頭部・つむじ・Oはげ

    頭頂部やつむじを中心に毛が薄くなっていく症状です。円を描くように薄毛になることから、アルファベットのOにちなんで「Oはげ」と呼ばれることもあります。

    前頭部・生え際・Uはげ

    おでこの生え際が後退していく薄毛症状です。額がどんどん広くなり、生え際が逆のU字型になることから「Uはげ」とも呼ばれます。

    前頭部・生え際・Mはげ

    Uはげ同様、生え際が徐々に後退していく若はげのことです。
    生え際が均一に後退していくUはげに対し、中央部分を残したまま両サイドの生え際のみが後退していくところが特徴で、別名「Mはげ」とも呼ばれています。

  • 種類
  • 症状(※)
  • 原因
  • 改善方法
  • 若はげの症状

    若はげの症状

    若はげの場合、一気に髪が抜け落ちていくのではなく、徐々に症状が進行していきます。
    そのため、最初は本人も気づきにくいのですが、以下のような初期症状が現れたら注意が必要です。

    早期発見が回復のキーとなりますので、日頃からチェックを怠らないように心がけましょう。

    毛が細くなる

    髪の毛の1本1本が細くなり、ハリが失われ始めます。全体的に細毛になると、量は変わらなくてもボリュームが落ちてしまいます。

    抜け毛が増える

    人間の髪が抜け落ちるのは自然現象の一種ですが、以前に比べて明らかに抜け毛が増えたと感じた場合は要注意。薄毛症状が進行している可能性があります。

    ふけが多くなる

    頭皮環境が悪化すると、皮膚の代謝機能が低下し、ふけが大量発生しやすくなります。

    ふけが多くなると毛穴につまってしまい、抜け毛や薄毛の原因となります。

    皮脂の分泌が増える

    抜け毛ホルモンが増加したり、ストレスがたまったりすると皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、余分な脂がたまりやすくなります。

    ふけ同様、余った皮脂は毛穴つまりの原因となり、若はげの大きな原因となってしまいます。

  • 種類
  • 症状
  • 原因(※)
  • 改善方法
  • 若はげの原因

    若はげの原因

    若はげの原因はAGAであることがほとんどです。まずはAGAについてのページをご覧ください。そのほかにも遺伝や生活スタイルなども関係していますので参考にしてください。

    AGA

    男性型脱毛症という代表的な薄毛症状の一種です。

    DHTと呼ばれる男性ホルモンが最大リスクとされており、若はげを含む脱毛症のほとんどはAGAに分類されます。

    遺伝的要因

    親や祖父母が薄毛だった場合、ハゲになりやすい体質を遺伝として引き継いでいる可能性があります。

    その他の要因

    上記の原因以外にも、皮脂による毛穴つまりや生活習慣の乱れ、間違ったヘアケアなど、さまざまな要因が重なり合うと頭皮環境が悪化し、若はげ進行の原因となります。

  • 種類
  • 症状
  • 原因
  • 改善方法(※)
  • 若ハゲ対策・改善方法

    若はげ対策・改善方法

    若はげには、いろいろな改善の方法があります。

    ただ、若ハゲの原因のほとんどがAGAである以上、生活の改善だけでは治すことは難しいです。

    クリニックのAGA治療やAGA育毛剤、AGAに有効なサプリメントなどのチカラを借りるのが、最も改善率の高いベストな対策です。

    生活の見直し

    生活習慣が乱れていると、栄養不足や血行不良、ホルモンバランスの乱れなどが起こり、頭皮や毛根にも悪影響を及ぼします。

    そのため、まずは睡眠不足や運動不足の解消、食生活の見直しなど、乱れたライフスタイルを改善することが大切です。とても地味ですが、規則正しい生活は若ハゲだけではなく全ての基本です。

    悪しき生活習慣を見直して、できることから少しずつ改善していきましょう。

    クリニック・病院

    現在は専門クリニックや病院などで、さまざまな若はげ治療が行われています。

    治療法はクリニックや病院によって異なりますが、AGAの投薬治療や、超音波療法などがあります。

    自分の髪を頭皮に直接植え込む「自毛植毛」なども、医療行為ですので専門クリニックで受けることができます。

    サロン

    独自のヘアケアサービスを提供している育毛専用サロンのことです。

    増毛や育毛コースなど多彩なサービスをラインナップしており、自分好みのヘアケア方法を選ぶことができます。

    育毛剤

    市販の育毛剤でヘアケアする方法です。頭皮環境の改善に役立つ成分が配合されており、自宅で手軽にケアできるところがメリットです。

    最近では、AGAの改善に特化した成分が配合されている育毛剤も増えていますので、若ハゲ対策の取りかかりとして人気を集めています。

    サプリメント

    頭皮や体の健康を促進する成分を配合したサプリメントです。水と一緒に飲むだけなので、育毛剤よりもさらに手軽に続けることができます。

    健康な体と、頭皮をつくるためのサポートとして利用されています。

    最後にアドバイス

    アドバイス

    若はげはとても辛く、悩みだすとどんどん負のスパイラルに陥ります。もちろん気にならないわけがありません。

    色々なコンプレックスの中で、一番辛い症状かもしれません。

    若はげに悩んでいる人の中には、精神が病んでしまったり、お酒に頼ってアルコール依存症になってしまったり、最悪のケースでは生きるのが辛くなって後の人生を閉ざしてしまったり・・・。このようなケースも少なくはありません。

    しかし、

    若ハゲは、治らない病気ではありません!

    考え方を変えてモチベーションをUP

    きっと治してみせる!という気持ちを維持することがとても重要です。マイナスに考える思考をちょっと変えて、

    ・彼女なんてできない → ハゲを治して彼女を作る!
    ・海やプールなんて無理 → 毛が生えたら海やプールでリア充
    ・帽子がないと外出できない → 髪を増やして、オシャレな髪型で出かける
    ・禿げてるからなにもしたくない → 改善したらやりたいことを、やりたいだけやる

    マイナス思考や、やりたいことができていない今の自分を悔やむのではなく、若ハゲが改善したらこんなことをしたいという考えに変えることで、若ハゲ対策に真剣にとりくめますし、モチベーションの維持にもなり、改善する可能性がさらにアップすると思います。

    当サイトは、真剣に悩んでいる皆さんのお役に立てるように有益な情報を更新していきますので、一緒に若ハゲを改善してハッピーライフを目指しましょう!