若はげTOP > 対策・改善方法 > クリニック・病院 > 薄毛治療

薄毛治療

薄毛治療

クリニックや病院ではさまざまな薄毛治療を行っており、独自の方法で若はげの改善を目指しています。

若はげの原因や症状は人によって大きく異なるので、クリニックや病院での治療を検討している方は、自分の症状に効果的なケアを行っているクリニック、病院を探すようにしましょう。

クリニック・病院で行われる治療

クリニックや病院では、ヘアケアサロンに比べてより専門的な治療を行っており、若はげの症状や種類に応じて最も適切な方法を選択することができます。

ここでは、クリニックや病院で行われている薄毛治療の代表的な方法をいくつか紹介します。

レーザー治療

レーザーエネルギーを照射することで発毛・育毛を促す方法です。

レーザー光は波長を合わせることで表皮の下にある毛根までエネルギーを照射することが可能となっており、休止している毛根に刺激を与え、発毛力を促進することができます。

また、レーザーには肌の血流を改善する作用もあるため、血行不良による若はげ対策にも有効です。

超音波治療

頭皮に超音波で刺激を与え、育毛を促進する方法です。

超音波は1秒間に数百回という振動を与えることができるため、短時間でも毛根をしっかり刺激できるところが特徴。

また、超音波なら普通の振動では届かない深層にまでスムーズに到達するので、頭皮の奥にある毛根にも確実に刺激を加えることができます。

さらに、超音波振動によるマッサージ効果で頭皮の血行も改善するため、一石二鳥の効果が期待できます。

育毛メソセラピー

メソセラピーとは、注射器や専用の器具を用いて薬剤を少量ずつ注入するフランス生まれの治療法のことです。

育毛メソセラピーでは、育毛や発毛に効果的な成分を直接頭皮に注入し、若はげ治療を行います。

使用される代表的な薬剤としては、AGA治療に用いられる血行促進剤「ミノキシジル」や抗アンドロゲン薬「フィナステリド」をはじめ、アンチエイジング効果のある「コエンザイムQ10」、頭皮の保湿・保水を促す「ヒアルロン酸」などがあり、それぞれ独自のバランスでブレンドされています。

ヒアルロン酸やコエンザイムQ10については各種ヘアケアアイテムにも配合されている成分ですが、頭皮に塗って皮膚から成分を浸透させる育毛剤に対し、育毛メソセラピーは直接薬液を注入させるため、成分吸収率が高く、より強力な効果を発揮します。

配合成分や配合率は病院やクリニックによってまちまちなので、同じ育毛メソセラピーでも、施術する施設によって効果が異なるところが特徴です。

HARG療法

HARGとは「Hair Re-generative theraphy」の略で、日本では毛髪再生医療と呼ばれています。

育毛メソセラピー同様、発毛・育毛成分を頭皮に直接注入する治療方法ですが、こちらは再生医療に欠かせない肝細胞と成長因子を利用しているところが大きな特徴。

肝細胞とは人間の皮膚や筋肉などの組織を形成する細胞のことで、そこから抽出された「成長因子(AAPE)」には毛髪の成長力を回復させるはたらきがあります。

実際、HARG治療によって発毛率99%の実績を誇っているクリニックもあり、若はげの最先端治療として高い注目を集めています。