若はげを【本気で】治したい!
今すぐやるべき対策方法をピックアップ

若はげ

薄毛は40代以降の中高年層が抱える老化現象というイメージの人も多いと思います。

年をとって髪が薄くなるのは自然なことですが、20代から30代を中心とする若年層に見られる脱毛症が「若ハゲ」です。

近年は、若い頃から薄毛に悩む人がとても増えています。近年では、10代でも薄毛に悩む人が増えています。

若ハゲはツライ症状

若はげに悩む男性年相応の薄毛と大きく違うのは、周りがフサフサな中で、自分だけが若ハゲという精神的ダメージ・・。

これは体験した人でないと分からないかもしれませんが、同じ年齢の人に当たり前にあるべきものが自分にないのは、とてもつらく悲しいものです。

はっきり言って若ハゲはとても辛いです!

  • どこに行っても薄い頭を見て笑われるのではないか?
  • オシャレしても似合わないのではないか?
  • 恋愛したくてもハゲているからどうせ女性にモテない・・

など、思考がどんどんマイナスになり、行動にも制限がかかってしまいます。

髪の毛がフサフサな人は、「大丈夫だよ」「気にしすぎだよ」「個性だよ」など、励ましやフォローの言葉をかけてくれますが、若ハゲの辛さは、本人か、同じ若はげの悩みを抱える人にしかわからないですよね。

若ハゲの原因は明白

遺伝子ページ下部の「原因」の項目で詳しく解説していますが、先に答えを言うと「遺伝」が原因です。

ただし、遺伝といっても親が「ハゲ」だから自分もハゲるというほど単純ではありません。

親、または祖父母のそれ以上前の世代から「ハゲやすい遺伝子」を受け継ぎます。

「ハゲになりやすい遺伝子」を色濃く受け継いでしまった人は、生まれながらにして若くして禿げることが決められていることになります。

遺伝が大きく関係する脱毛症が「AGA」

AGA男性この遺伝が関係する脱毛症が「AGA」と呼ばれる脱毛症です。

若ハゲはほぼ100%「AGA」が原因。

ここまで分かると、あとはAGAを治せば良いだけですので簡単にも見えますが、若ハゲに悩む方が苦労しているのは、このAGAがそう簡単には治らない脱毛症だからなのです。

AGAについて何も知らない人が、インターネットで治し方を調べると、「食生活を見直そう!」「運動しよう!」「たばこをやめよう!」など、いろいろな理由や対策法が書かれたサイトが出てくるのですが、これは大きな間違いです。

そんな簡単に治れば誰も苦労しません。

生活習慣の改善だけで「AGA」を治すことは不可能と思った方が良いでしょう。

若ハゲを食い止める方法は、あります!

若ハゲを食い止める2つの方法遺伝子で決められた薄毛「AGA」を食い止める方法は、今のところ2つあります。(※若ハゲの改善方法の項目で詳しく解説します。)

遺伝だからといって諦めることはありません。

年齢が若い分、頭皮は元気で「髪の毛を作る力」がとても強いため、「正しい対策」を始めれば若ハゲを改善することは可能です。

さらに、遺伝子レベルで決められた「若ハゲ」を改善するには「対策の早さ」もとても重要。後悔しないためにも「適切な対策をより早く」始めてください。

このサイトでは、若ハゲの原因や対策についてだけでなく、種類や症状など若ハゲについてできるだけ詳しく解説しています。若ハゲに悩む人が「答え」を見つけることができるように、分かりやすい説明を心がけて情報を掲載しておりますので、若ハゲ改善にお役立てください。

若ハゲの【種類】

若はげの種類

「若ハゲ」とひと言にいっても、頭のてっぺん(つむじ)が円形状に薄くなったり、生え際が後退したり、人によって薄毛の症状が違います。

O型ハゲ(頭頂部・つむじ)

Oはげ左の写真のように、頭頂部(つむじ)を中心に髪の毛が薄くなる症状です。日本では、若ハゲに悩む男性の中で一番多くを占めています。

日本人にとても多い禿げ方で、円を描くように薄毛になることから、アルファベットの「O」にちなんで「O型ハゲ」と呼ばれています。

主な原因は「AGA」ですが、他にも「頭皮環境」や「ヘアケアの間違い」、「生活習慣」など、多くの原因が関係しているケースもあります。

O型ハゲの参考画像

O字ハゲの男性

画像のように、後頭部と側頭部の髪の毛は残っているのに、頭頂部(つむじ周辺)だけ薄毛が進行します。生え際はほとんど薄毛が進行していなくても、つむじだけが薄くなるケースも多いです。

自分では目視できないため、薄毛の進行に気がつくのが遅れてしまうことも多く、画像のようにかなり薄毛の範囲が広くなると、髪型でカバーできなくなってしまいます。

O型ハゲのチェック方法

鏡で自分の髪の毛を見て、一見薄毛には見えなくても安心してはいけません。

つむじは自分では見えにくい箇所ですので、つい見落としてしまいがち。気がついたときにはすでにつむじの頭皮が透けていた経験をした人も人も多いので、手鏡を使ってチェックするか知り合いに見て貰いましょう。


出典:amazon

自分でチェックするときは、アマゾンや楽天などの通販で販売している「多面鏡」がとても役立ちますよ。価格は商品によってピンキリですが安い物なら900円程度です。

生え際が薄い人は、つむじの薄毛の発見が遅れてしまうことが多いので気をつけてくださいね。

U字ハゲ(前頭部・生え際)

Uはげ左の写真のように、おでこの生え際が頭頂部にむかって後退していく薄毛症状です。

額がどんどん広くなり、生え際が逆のU字型になることから「U字はげ」と呼ばれます。

主な原因は「AGA」です。特に若い内に生え際が後退してしまうのであれば、早めにAGA対策をしなければ取り返しのつかないことになりますので、注意しなければいけません。

U字ハゲの参考画像

U字ハゲの男性

生え際の中心部分の薄毛が進行しています。画像のように、同じ生え際の薄毛の「Mハゲ」と同時に進行するケースが多いです。U字ハゲは、前髪のボリュームがなくなるため、髪型でカバーしても不自然に見えやすいハゲ方です。

U字ハゲのチェック方法

おでこの広さは人によってまちまちですので、おでこが広いからといってU字ハゲとは限りません。

まずは生え際の髪の毛が細くなっていないか?短い毛が増えていないか?をチェックします。

U字ハゲは生え際に近いほど髪が弱くなりますので頭皮が透けて見えます。分け目が生え際に近いほど薄いのも要注意です。

生え際の薄毛が進行すると、他の薄毛よりも若はげが目立ってしまいますので、予兆段階で見極めることが重要です。髪の毛の量ばかりではなく「髪の毛の太さ」や「長さ」の変化も見落とさないようにしましょう。

M字ハゲ (前頭部・生え際)

Mはげ左の写真のように、生え際の端が徐々に頭頂部に向かって後退していく若はげの症状です。

生え際が均一に後退していくUはげに対し、中央部分を残したまま両サイドの生え際のみがMの形に後退していくことから「M字はげ」と呼ばれています。

M字ハゲはAGAの代表的な禿げ方で、欧米人に多いのですが、日本でもM字禿げに悩む人は少なくありません。見た目は他よりもマシと言われる反面、治りにくいハゲ方としても有名です。

M字ハゲの参考画像

M字ハゲの男性

上の画像のように、生え際の中心の髪の毛がしっかり残っているのに、M部分だけが食い込むように薄くなるケースが多いです。

短髪の髪型は自然に見えますが、長髪でM字部分を無理に隠そうとすると、前髪のサイドがぱっくりと割れて、薄毛が強調されてしまうことがあります。

M字ハゲのチェック方法

M字ハゲのライン髪型によってはそり込み部分が見えませんので、じわりじわりと進行するM字ハゲの発見が遅れることも多いです。

髪をかき上げて生え際のライン(横)やこめかみのライン(縦)が後退していないかをチェックしましょう。

毎日見ていても徐々に後退するとなかなか気がつかないものです。自分の生え際やこめかみのラインを覚えておくと早期発見に役立ちます。

若ハゲの【症状】

若はげの症状

若ハゲの場合、一気に髪が抜け落ちていくのではなく、徐々に症状が進行していきます。

そのため、最初は本人も気がつきにくいのですが、以下のような初期症状が現れたら注意が必要です。

早期発見が若ハゲを回復する「鍵」となりますので、日頃から頭皮や抜け毛のチェックを怠らないように心がけましょう。

毛が細くなる

細い髪の毛毛周期(ヘアサイクル)の乱れにより、髪の毛が成長する前に抜けてしまいますので、薄毛部分には必然的に細い髪の毛の割合が多くなります。

1本1本が成長していない状態ですので、キューティクルも整っておらず、コシやハリも失われ、弱々しい髪の毛ばかりになってしまいます。

全体的に細毛が多くなると、量は変わらなくてもボリュームが落ちてしまいます。

さらん、薄毛が進行すると、体毛や産毛のように短い髪の毛になってしまいます。(→詳しく

抜け毛が増える

抜け毛の量人間の髪が抜け落ちるのは自然現象の一種ですが、以前に比べて明らかに抜け毛が増えたと感じた場合は要注意。

本来は抜けるべきではない毛まで抜けてしまっている可能性があります。抜け毛をチェックして、短い毛が多い場合は自然脱毛ではなく、AGAの可能性が高いです。

髪の毛の数は人によって差はありますが、およそ10万本。毛周期を2~6年と考えると、1日あたり約50~100本抜けるのが正常と言えます。(100,000÷2~6年÷365日)

抜け毛の量が増えたと感じたなら、すぐに本数や、抜け毛の状態をチェックしてみましょう。(→詳しく

ふけが多くなる

フケが多い頭皮環境が悪化すると、フケが大量発生しやすくなります。

パーマ液やカラーリング剤も頭皮に良くない成分が含まれていることがあり、頭皮環境が悪化してフケの発生を促すこともあります。

主に、「頭皮環境の悪化」が原因として考えられます。

フケが多いのは、頭皮からのメッセージですので、放置しないようにしましょう。(→詳しく

皮脂の分泌が増える

皮脂が多い頭皮ストレスが貯まるとホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、皮脂の分泌が増加してしまいます。

洗浄力の強すぎるシャンプーや、頭の洗いすぎにも要注意。皮脂を取り過ぎるとかえって皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

頭皮はもともと皮脂の分泌量が多く、顔の3倍とも言われています。しかし、バリアの役割をもつ皮脂も多すぎると逆効果。余った皮脂は「毛穴つまり」や「常在菌(マラセチア菌)の増殖」を誘発する原因となり、若ハゲの大きな原因となってしまいます。(→詳しく

若ハゲの【原因】

若はげの原因

若ハゲの原因には「生活スタイル」や「頭皮環境」が関係しているケースもありますが、遺伝が関係する脱毛症「AGA」が一番の原因です。

AGA(男性型脱毛症)

AGA男性若ハゲの代表的な薄毛症状です。

DHTと呼ばれる強力な男性ホルモンが最大リスクとされており、若ハゲ男性の薄毛のほとんどはAGAが原因。

DHTの作用によってヘアサイクルに乱れが生じ、髪の毛が長く成長する前に抜けてしまうため、抜け毛の数が増えます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、徐々に広範囲に広がり最終的には「生え際」と「つむじ周辺」の髪の毛のほとんどが産毛のようになってしまいます。

AGAには「遺伝的要因」が大きく関係

遺伝子親や祖父母が薄毛だった場合、ハゲになりやすい遺伝子を受け継いでいる可能性があります。

受け継ぐ遺伝要因は、

  • アンドロゲンレセプターの感受性
  • 5αリダクターゼの活性

の2種類です。

アンドロゲンレセプターの感受性

アンドロゲンレセプター(※)の感受性が高い人は、男性ホルモンの影響を受けやすく、逆に低い人は同じ環境下でも薄毛になりにくいです。

この感受性は先天的に決められたもので、遺伝によって受け継がれます。

※アンドロゲンとは雄性ホルモン、男性ホルモン(テストステロン)の総称で、アンドロゲンの約95%をテストステロンが占めています。アンドロゲンレセプターはアンドロゲンの受容体のことで、分泌された男性ホルモンを受け取って体内で活用できるように変換します。

5αリダクターゼの活性

また、「DHT」の生成に関係する「5αリダクターゼ」の活性も関係します。

活性が高いほど、男性ホルモン「テストステロン」と結びつき安いため「DHT」が多く作られます。

若ハゲは「ハゲの遺伝子」を強く受け継いでいる可能性大

通常ならハゲない年齢にもかかわらず、髪が薄くなってしまうのは、

  • 5αリダクターゼの活性がとても高い遺伝子
  • アンドロゲンレセプターの感受性がとても高い遺伝子

を受け継いでいる可能性がきわめて高いです。

もし、両方とも受け継いでいて、感受性が高く、活性も高い体質の場合は、若い年齢からAGAが発症する可能性がきわめて高くなります。

つまり、生まれてきたときからすでに若ハゲになる可能性がとても高いことになります。

その他(AGA以外)の要因

洗髪する男性AGA以外にも、若ハゲを進行させる原因には、

  • 皮脂の過剰分泌
  • 生活習慣の乱れ
  • 間違ったヘアケア

などがあります。

これらの原因だけで薄毛がひどい状態にまで進行することはありませんが、すでにAGAが発症している場合は、若ハゲの進行の早さに影響する可能性があります。(→詳しく

若ハゲの【改善方法】

若はげ対策・改善方法

若はげ改善方法は、原因が「AGA」か「AGA以外」かによって異なります。

1.原因が「AGA」の場合 ※重要

若ハゲの原因がAGAの場合は、生活習慣の改善だけでは治すことは難しいです。

AGA対策を実践することで若ハゲの改善が期待できます。

【AGA対策方法.1】
AGA治療薬

クリニック

AGA治療薬の主成分「フィナステリド」には、AGAの原因である「DHT」の生成を医学的に抑制することができますので、現存するAGA対策方法の中では一番高い効果が期待できます。

最近では、フィナステリドよりも高い効果が期待できる「デュタステリド」が主成分のAGA治療薬も増えていますが、副作用のリスクが高いため使用者の数はフィナステリドに及びません。

病院、クリニックの処方が安心

代表的なフィナステリド錠には、

  • プロペシア

があります。

最近では、プロペシアのジェネリック医薬品である「フィンペシア」「エフペシア」「フィナロイド」などを個人輸入で格安で購入する男性が増えていますが、健康リスクや粗悪品の問題があるため、厚生労働省も危険性を指摘しています。

AGA治療薬を使用するときは、医師の診断を受けた後に、正規のAGA治療薬を処方して貰うのが安心です。

最近では、テレビ電話で診察ができたり、AGA治療薬を自宅に郵送してくれるAGAクリニックも増えていますので、診察が恥ずかしい方や、通うのが面倒な方でもAGA治療薬を利用することができるようになりました。

オススメのクリニックは?

AGA治療薬の処方でオススメは、業界最大手のAGAスキンクリニックです。

全国各地にクリニックがありますので通いやすいですし、テレビ電話診察や、AGA治療薬の郵送もしてくれますので、通うことができない人でも便利です。(※初回は来院して医師の対面診察が必要)

AGA治療薬の価格も抑えられていますので、毎月の治療代が安いのも嬉しいポイントです。

血液検査もしっかり受けられますし、医師が自分の症状や原因に合わせて治療を提案してくれますので、健康面の不安なく、高い効果が期待できます。

まずは無料カウンセリングを受けて、説明を聞いたあとに納得ができるようであれば治療を始めるのが良いと思います。

  • 店舗数:全国51店舗 (最寄りの店舗は公式サイト内でご確認ください)

AGA治療薬についてさらに詳しく知りたい方は、詳細ページをご覧ください。

【AGA対策方法.2】
AGAに有効な育毛剤

育毛剤AGAの改善に特化した成分が配合されている「AGA育毛剤」も若ハゲに有効な対策方法の一つです。

AGA治療薬と同じく、AGAの原因である「DHT」の生成をブロックすることでAGAの改善を目指します。

効果はAGA治療薬には及びませんが、副作用の心配なくAGA対策できるのが特徴です。

通常の育毛剤はお金のムダ

注意すべきは、AGAにはAGA用の育毛剤以外はお金の無駄ということです。

血行促進や頭皮環境正常化の育毛剤ではAGAには効果が期待できませんので、必ずAGA用の育毛剤を選ぶようにしましょう。

どの育毛剤が一番良いのか?

イクオス若ハゲに一番おすすめの育毛剤は、イクオス「IQOS」です。

イクオスは、ほかの育毛剤とくらべて価格がかなり安く、しかも配合成分は最高クラス。(※9種類の育毛剤比較の経緯はこちら)

コスパがダントツのAGA育毛剤です。

AGAに有効な、「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」の両方が配合されていて、いつでも解約できる定期コースなら、育毛剤単品よりも安い価格で育毛剤+サプリメントのセットが購入できます。

サプリメントには、AGAに有効な「亜鉛」「ノコギリヤシ」が配合されていますので、育毛剤を使いながらサプリメントを毎日飲み続けることで若ハゲの改善が期待できます。

  • 内容量:120ml
  • 単品価格:8,980円
  • 単品定期5,980円(いつでも解約可)
  • 育毛剤+サプリ定期6,980円(いつでも解約可)

AGAに有効な育毛剤の「種類」や「選び方」のポイントなどは、詳細ページで解説しています。

2.原因が「その他(AGA以外)」の場合

育毛サロン

育毛サロン独自のヘアケアサービスを提供している育毛専用サロンです。

増毛や育毛コースなど多彩なサービスをラインナップしており、自分の原因に合ったプランを選ぶことができます。

専門的な薄毛治療ではなく、トータル的に薄毛を改善するためのサービスです。(→詳しく

3.「AGA」と「その他」に共通する対策方法

生活の見直し

生活習慣生活習慣が乱れていると、栄養不足や血行不良、ホルモンバランスの乱れなどが、頭皮や毛根に悪影響を及ぼします。

そのため、まずは睡眠不足や運動不足の解消、食生活の見直しなど、乱れたライフスタイルを改善することが大切です。とても地味ですが、規則正しい生活は若ハゲだけではなく全ての基本です。

生活習慣を見直しても、AGAを治すことはできませんが、「AGAの進行を遅くする効果」が期待できます。

悪しき生活習慣を見直して、できることから少しずつ改善していきましょう。(→詳しく

育毛サプリメント

育毛サプリメント頭皮や体の健康を促進する成分を配合したサプリメントです。水と一緒に飲むだけなので、育毛剤よりもさらに手軽に続けることができます。

健康な体と、頭皮をつくるためのサポートとして利用されています。

また、最近ではAGAに有効な「ノコギリヤシ」や「亜鉛」が含まれている育毛サプリメントもあり、AGA対策をしながらサプリメントを飲むことで相乗効果が期待できます。

→詳しく

若ハゲの解消【今やるべきことは?】

やるべきこと

若ハゲを解消するためには、「原因に合った対策」をする必要があります。

自分の若ハゲを解消するために、やるべき事は何か?

をしっかり理解して、実践することが大切です。

若ハゲに悩んでいる方が、やるべきことを「3STEP」で解説していますので、参考にしてください。

STEP.1
自分の若ハゲの原因を知る

若ハゲの原因は?まずは、自分が薄毛になっている原因を究明しましょう。

「AGA」か「AGA以外」かを判断するには、薄毛のタイプである程度推測できます。

AGAが濃厚な薄毛のタイプ

  • 生え際の薄毛(M字ハゲ)
  • 頭頂部の薄毛(O型ハゲ)

AGAは、生え際と頭頂部が薄くなるのが特徴です。頭の横(側頭部)と後ろ(後頭部)の髪の毛がしっかり残っているのに、生え際または頭頂部の地肌が透けて見える場合は、AGAの可能性が高いです。

AGAの可能性が高い症状

  • 短い抜け毛が多い
  • 100本以上の抜け毛が続く

これらもAGAの可能性が高いです。

短い抜け毛が多いのは、AGAによってヘアサイクルが乱れたことによって、髪の毛が長く伸びる前に抜けた可能性が高いです。通常であれば、髪の毛は3~6年ほど伸びますので、AGAでない限りは短い抜け毛が目立つことはほとんどありません。

また、AGAになると通常よりも抜け毛が増えます。正常な人の1日の抜け毛の平均は、およそ50~100本です。毎日100本以上の抜け毛が続くようなら、AGAが発症している可能性があります。

STEP.2
どの対策方法が良いかを選ぶ

原因がAGAなら!

AGAに有効な対策方法は、

  • AGA治療薬
  • AGA育毛剤

の2つです。

配合成分の条件付きではありますが、「育毛サプリメント」も効果があるとされています。

 

AGA治療薬 【効果:大】

AGA治療薬AGA治療薬は、医学的に薄毛を治療する方法です。

原因に直接アプローチして「治す」ことができますので、一番有効な方法とされています。ただし、治療で使う薬には「副作用」がありますので、病院の先生の診察を受けてから処方してもらいましょう。

AGA育毛剤 【効果:中】

AGA育毛剤初期の若ハゲにおすすめなのがAGA育毛剤です。

治療ほどの効果は期待できませんが、副作用の心配がなく、比較的安価で対策できるのが魅力です。

育毛サプリメント 【効果:小】

育毛サプリメント有効成分が配合されたサプリメントは、AGAにも効果が期待できます。

ただし、サプリメントだけでAGAを改善するほどの効果は期待できませんので、あくまでもサポートとしての利用になります。

AGA以外なら

原因がAGA以外なら、生活習慣を見直すことで早めに改善する可能性が高いです。

有効な対策方法は、

  • 生活習慣の見直し
  • 頭皮マッサージ
  • ヘアケアの見直し

などがあります。

また、お金はかかりますが、

  • 育毛剤(頭皮環境を整える、栄養を与える)
  • 育毛サロン(頭髪のトータルケア)
  • 育毛サプリメント(育毛に役立つ健康な体つくり)

を利用することで、早く改善する方法もあります。

STEP.3
対策の実践

原因に合った対策を選んでも、しっかりと継続して実践しなければ意味がありません。

具体的に、

を決めて、若ハゲ対策を始めましょう。

最後にアドバイス

アドバイス

若ハゲは様々なコンプレックスの中で、一番辛い症状かもしれません。

若ハゲに悩んでいる人の中には、精神が病んでしまったり、お酒に頼ってアルコール依存症になってしまったり、最悪のケースでは生きるのが辛くなって後の人生を閉ざしてしまったり・・・。このようなケースも少なくはありません。

しかし、

若ハゲは、治らない病気ではありません!

考え方を変えてモチベーションをUP

きっと治してみせる!という気持ちを維持することがとても重要です。

マイナス思考をちょっと変えて、

  • 彼女なんてできない → 若ハゲを治して彼女を作る!
  • 海やプールなんて無理 → 毛が生えたら海やプールでリア充
  • 帽子がないと外出できない → 髪を増やして、オシャレな髪型で出かける
  • 禿げてるからなにもしたくない → 改善したらやりたいことを、やりたいだけやる

マイナス思考や、やりたいことができていない今の自分を悔やむのではなく、若ハゲが改善したら「こんなことをしたい」というプラス思考に変えることで、若ハゲ対策に真剣にとりくめます。モチベーションの維持にもなり、改善する可能性がさらにアップします。

当サイトは、真剣に悩んでいる皆さんのお役に立てるように有益な情報を更新していきますので、一緒に若ハゲを改善してハッピーライフを目指しましょう!